2012年12月29日(土)

2012年の反省

ご無沙汰いたしております。2012年の診療が全て終了いたしました。例年どおり、スタッフ皆での大掃除、年越しそばも終了し、院長の最後の仕事として、今年の反省を。

今年は初診4765名、総数18054名の来院者数となりました。手術は、白内障419件(含、多焦点眼内レンズ46件、乱視眼内レンズ3件、眼内レンズ逢着1件)、硝子体手術8件、緑内障3件、斜視4件、眼瞼下垂9件、翼状片10件、総数453件でした。破嚢等の合併症もなく、順調に経過しております。

昨年のブログに、案内番号表示、iPadでの説明、2診日の増加、麻酔科医の手術日勤務を掲げていましたが、これらは全て達成することができました。それ以外に、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の先進医療施設基準を得ることができ、また、オルソケラトロジー治療を開始いたしました。
スタッフにおいては、研修旅行で日本臨床眼科学会のコメディカルプログラムに参加し、充実した1年であったと思います。

良いことばかりではありません。受付事務と検査係のベテラン2名のスタッフがご主人の転勤に伴い当院を去ることとなり、ちょうど来院数の増加時期と重なったために、待ち時間が長時間になり大変ご迷惑をおかけしたことと思います。この場をお借りし、お詫び申しあげます。スタッフのレベルアップ、ホスピタリティの向上、医療安全の充実も今年の目標として掲げていましたが、振り返ってみるとまだまだ不足していることばかりと感じています。

来年こそは、地域に根ざした高度医療の提供が、より良い形で行えるよう、スタッフ一同気持ちを新たにしてまいります。来年の目標は網膜剥離手術を含む硝子体、網膜手術の充実を図りたいと考えております。
今年以上に皆様の貴重なご意見をお聞かせいただければ幸いです。
では、よいお年をお迎えください。

院長

2012/12/29 15:43 | ひとこと | コメント(0) | トラックバック(273)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:2012年の反省

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
« 前月 次月 » 2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS