[1]   2   >>   
2017年06月28日(水)

受付方法の変更

  7月1日より、新しい機器の導入にあわせて、受付のやり方を変えることとした。

1.なぜ、変えるのか?
これまでは、受付票なるものに、患者さんの氏名、生年月日や前回の検査結果、当日に行うべき検査内容を記した番号票を、プリントしてお渡ししていた。この紙ベースのものは、いろいろメモ書きができたり、当日新たな検査をする際の指示票として記すことができるので、便利ではある。しかし、これまで何度もプリンターの故障のために、受付票がプリントできず、診療を開始できないことがあった。プリンターの予備も買うことになり、電子カルテという紙からおさらばのはずが、結局紙頼みとなっていた。さらに、この受付票には、個人情報が満載されているので、メモ紙として裏面を再利用することもできず、毎日100枚以上の紙をシュレッダーにかけることになっていた。省資源の世の中から相反する状況であった。なので、受付票をプリントすることを止めることで、トラブルを回避、かつ省資源をはかるため、というのが受付票を変える理由である。

2.どう変える?
単純に番号札をお渡しすることにする。多くの方が一度に受付される、朝一番と午後一番は、とりあえずの仮札をお渡しし、予約の確認、保険証の確認の後に、決定された正式な受付番号札をお渡しすることとする。

3.どう変わる?
患者さんの呼び出しは基本的に番号呼びとなる。ただ、数回呼んでもお答え無い場合、お名前で呼ぶことになる。番号呼びなので、本人確認が必修となるので、いろいろな場面でお名前を述べてもらうことになる。便利はメモ書きはなくなるが、電子カルテ上での運用を徹底することで、支障をきたさないようにする。

4.他に?
これまでは予約ありが500番台、予約なしが1番台だったが、今後は予約ありが1番から始まり、予約なしは300番台となる。

5.プラスアルファ
これまでは、予約がある方の番号は来院順となっていた。時間予約であるにも関わらず、来た順となっていた。これはこれで、予定より早く来た場合にそれなりに早く診察になるという利点もあるが、本来の予約の方の待ち時間の延長になる原因でもある。今回のシステム変更に伴い、予約患者さんは予約時間であらかじめ番号が決められるようになった。例えば、11時の予約を取っているとその時間の番号が決められているので、たとえ朝一番で並んでいたとしても、1番にはならないことになる。予約があれば、遅刻をしないようにしていただければ、並んで待つことは不要となる。早く来るとその分待ち時間が長くなるが、いたしかたない。

6.開き直り
朝一番から並んだのに、1番でない番号を渡されて憤慨される方、予約時間になったのに診察、検査が行われないと苦言をおっしゃる方、待つとは聞いたが、これほど待つとは聞いていないとスタッフを困らせる方、いろいろなお叱りがあろうかと思いますが、ここは平にご容赦いただきたい。予約制がなく、朝一から並ばなければならないという状況よりはましである。完全予約制にすれば時間的余裕もできて、十分な説明もできるので、理想ではある。しかし、そうすると、なかなか予約が取れなくなったり、急患対応に問題が生ずる。お叱りは重々受け止めるが、現状の中で考えられる最良の方法を検討してのシステムであると開き直るしかない。

院長

2017/06/28 14:12 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2016年07月29日(金)

乳幼児の屈折測定

  少し、眼科の検査についてお話を

近視とか遠視、乱視とか、どうやって診断するのでしょう?

検査には大きく2種あります。自覚的検査と他覚的検査です。

自覚的検査は患者さんの反応をもとに検査していきますので、視力検査や矯正視力
といった物です。見えるか見えないかを患者さんの応答をもって判断していきます。

これに対し、他覚的検査は、患者さんの応答がなくても、機械を用いて近視の度数
を調べることができるというものです。

それでは、乳幼児が近視なのかどうなのかを調べるにはどうするか?

まず、見える見えないを応答できないので、乳幼児では自覚検査が困難です。
では、他覚検査を大人で使用している機械で度数が測れるか?
これも機械に顔をじっと固定することが困難で、測定不能ということに・・・・・・

では、乳幼児には顔を固定しないで、ある程度自由な状況で(泣かさないようにして)
測定できる機械が・・・・・・最近になってようやくできました。
なので、ある程度の近視や乱視などの度数を測定し、左右差がないか、斜視や弱視
につながる状況ではないかがわかるようになりました。

当クリニックでも早々に導入し、これまでの機器との比較を行い良好な結果が得られたことを
本年4月の第71回栃木県眼科集談会にて、視能訓練士が発表いたしました。

無理と思われていた検査を可能にする、科学技術の進歩にはいつも感心させられます。

院長

2016/07/29 15:47 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2016年07月02日(土)

開院5年

大変ご無沙汰しています。日常の診療に追われ、ブログ更新できていませんでした、と、言い訳です。

ちょうど5年前の今日(同じく土曜でした)、当クリニックが開院しました。早いもので5年が経ってしまいました。この5年で約2000人の方の手術をさせていただきました。外来も混んできて、少しお待たせしたり、十分な説明ができていなかったりしているのが実感です。

初心にかえり、この節目を機会に、質の高い眼科医療がご提供できるよう、スタッフ一同新たな気持ちで診療に従事してまいりますので、よろしくお願いいたします。

院長、スタッフ一同

2016/07/02 09:56 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2015年08月06日(木)

今年も消防訓練

またまた、ご無沙汰です。
今年も恒例の消防訓練を例年より少し遅れて、8月6日に開催しました。
非常勤医更衣室より出火の想定で、外来診療と手術中という状況での避難、誘導訓練と通報訓練を行いました。宇都宮西消防署による評価もいただきました。
その後、人形を用いて、要救護者の心臓マッサージやAEDの装着等を指導していただきました。医療施設と言っても、受付事務や検査のスタッフの中には初体験という者もいて、非常に有意義でした。
最後に消火器の実地訓練を行い終了となりました。
火災も救急も遭遇したくはないことですが、いざという時のための体制は取れていることが確認できました。西消防署の皆さん、有難うございました。   院長

続きを読む...

2015/08/06 13:42 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2015年01月06日(火)

本年もよろしくお願いいたします

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は来院者数の増加で待ち時間が長くなり、皆様にはご迷惑をおかけいたし、誠に申し訳ございませんでした。今年はスタッフを増やし、少しでも良い環境での診療が可能になるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

正月休みに京都に行きました。何十年ぶりの大雪に見舞われました・・・・・。
スタッフからはよく雨男と言われていますが、今年もやはり・・・・・。
こちらに戻る際には、京都は晴れていました・・・・・。
雪の河原町三条の写真です。院長


2015/01/06 07:54 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(367)

この記事のトラックバックURL:

[1]   2   >>   
« 前月 次月 » 2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS