3月13日:薬剤師スキルアップ研究会(東京)にて「眼科疾患の診断と治療」を講演しました。
4月17日:第72回栃木県眼科集談会(栃木)にて「新しい両眼開放屈折測定器の使用経験について」を講演しました。
7月29~31日:第55回日本白内障学会(岩手)にて「ステロイド白内障とグルココルチコイド受容体の核内移行の関連性」を講演しました。
9月10日:
日本眼薬理学会(東京)にて「トリアムシノロンアセトニド硝子体内投与による水晶体混濁に対する17-AAGの予防効果」を講演しました。

【文献】茨木信博、三宅健作.各種プロスタグランジン系緑内障点眼薬が水晶体上皮細胞に及ぼす影響について.あたらしい眼科 33:1518-1523,2016