診療内容

眼科一般

近視、乱視、老視、斜視、弱視、結膜炎、白内障、緑内障、虹彩炎、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、網膜剥離、眼瞼下垂

手術内容(日帰り手術)
白内障眼内レンズ手術、緑内障手術、硝子体手術、糖尿病網膜症・網膜裂孔・緑内障に対するレーザー光凝固術、加齢黄斑変性に対する硝子体内薬液注入、眼瞼痙攣に対するボトックス注射、眼瞼下垂矯正手術等
高度医療

多焦点眼内レンズ移植術(先進医療施設基準認定)

高度医療について

当院では、白内障手術の際に目の中に入れる眼内レンズについて、保険診療ができない多焦点眼内レンズを取り扱っています。このレンズは白内障となった目の中の水晶体に置きかわり、外界の像の焦点を合わせる働きだけではなく、遠くも近くも見ることができ、メガネをかける機会を減らそうとするものです。保険診療はできませんが、当院では、大学病院で培った技術を導入し、地域の皆様にできるかぎり低価格でこの技術を提供しております。

手術について

当院では、主に毎週火曜日に日帰りで行っております。
 下記の項目につきましては、患者様にご協力をお願いいたします。

手術全般

手術前、お願いすること 3日前より、細菌感染予防の目的でクラビット点眼薬を一日4回、手術する側の目に点眼してください。
手術当日、お願いすること 朝10時より、30分ごとに、散瞳をするためミドリンP、クラビット、ネバナックを手術する側の目に点眼してください。お昼は、満腹にならない程度でごく軽くおとりください。
手術当日、お持ちいただくもの 手術同意書、点眼薬。服装は胸が開き、締め付けのない楽な服装でお願いします。消毒液が首回りに垂れこむ可能性がありますので、高価な服は避けた方がよいかと思われます。
手術後、お願いすること 当日の午後5時30分~6時30分頃の時間帯にお電話をして、容体を確認いたします。事前に伺いました連絡先のお電話に出ていただけますようお願いします。翌日は、予約時間までにご来院下さいますようお願いいたします。

白内障時手術

 手術時間

手術そのものの時間は、10~15分程度です。

 手術前の注意事項


(1)点眼
手術までにさまざまな準備をする必要があります。まず、散瞳する必要があります。
これは外来診察のときより、しっかり長時間にわたって散瞳させておく必要がありま
すので、手術の3時間前、当院では午後の手術ですので朝の9時より、30分おきに3
種類(ミドリンP、クラビット、ネバナック)をそれぞれ3分間あけて、手術する側
の目に点眼してください。
(2)消毒
来院されたのちは、この散瞳薬のほかに麻酔と消毒液の点眼も追加します。手術室に入ると目のまわりの皮膚の消毒と消毒液での眼洗いをします。この目洗いがしみて痛みを感じることがありますが、手術後の細菌による感染症を予防するために必要なことですのでご了承ください。感染予防のために、手術の3日前から抗生薬(クラビット)を日に4回、手術する目に点眼して下さい。
(3)化粧
また、お化粧は目の周りの消毒の妨げとなりますので、お化粧せずに来院してください。
(4)服装
手術のときには、特に術衣の用意はしておりませんので、胸を開けることができる、
また、手術で使用する液体や消毒液で汚れてもよい服装で来院してください。服装の
汚れが気になる方には、予防用の使い捨て上衣をご用意しております。

 手術後の注意事項


(1)保護
手術の傷口は数ミリ単位のものですので、縫合する必要もありません。しかし、傷口
が完全に閉じるには約1カ月要します。その間は目の中身が外に出る以上に外のもの
が中に入らないように、十分注意する必要があります。具体的には、細菌が目の中に
入る可能性が手術後約1カ月はあるということを、忘れないようにして下さい。目を
保護するには色々な方法があります。手術当日は反対の目が見えていない場合を除き、
眼帯をして帰宅していただきます。翌日に眼帯をはずし診察します。通常この後に眼
帯はしません。しかし、この傷の弱い時期である手術後1カ月は、強い外力から目を
保護する目的で保護メガネを寝るとき以外はかけていただきます。
(2)洗髪、洗顔、仕事
洗髪や洗顔では、汚れた水が目の中に入ってくることがあります。また、屋外労働で
は汗が入ることや汚れた手を目にやることが想定されます。手術後早期の1週間は傷
口は全く閉じていませんので、このような状況では細菌が目の中に入り感染症を引き
起こし、失明という事態になりかねません。従って、手術後1週間は洗髪、洗顔、屋
外労働は避けて下さい。しかし、顔を洗わないのは、これまた不潔ですので、その間
は濡れタオル等で清潔に保って下さい。
(3)点眼
手術後1カ月は抗生薬(クラビット)、消炎薬(リンデロン、ネバナック)、を日に4
回、散瞳薬(ミドリンP)を1日1回点眼します。1カ月経ちますと、ミドリンPは
必要なくなります、3か月経つと、抗生剤、おもな消炎薬も止めますが、種類の異なる消
炎薬(ブロナック)を日に2回点眼は継続します。1年もたてば、他に病気がない限り、
点眼の必要はなくなります。点眼する必要がなくなっても、年に2-4回程度の経過観察
を受けるようお願いします。

 身の回りで準備するもの

手術当日は、朝食は通常通り食べて下さい。お昼は食べないで来院をお願いします。その際にお持ちいただく物として、点眼薬一式、他科を含め、内服薬があればそれもお持ちください。眼帯をいたしますので、当日の車の運転はご自身がされるのは非常に危険となりますので、お避け下さい。手術翌日には、保護メガネが必要になります(レンズ販売所にて購入可能)。繰り返しですが、お化粧はしないで、点眼を忘れないように。

 手術後の診療予定


手術当日はアルコール類を避け、早めにお休みください。具合を確かめるために、院長から夕方5時30分~6時30分頃に電話をしますので、応対よろしくお願いします。翌日の診察までは、眼帯をはずす必要はありませんし、点眼の必要もありません。翌日の診療は、予約のお時間に必ず受診していただきますよう、お願いいたします。その次は術後3日目の診察ですが、これは午前、午後どちらでもよいのでご都合で予約を取らせていただきます。その後は、翌週火曜日、その後1カ月まで週1回、1カ月を過ぎると月2回、3か月を過ぎると月1回位のスケジュールとなります。また、手術まで使用していたメガネは通常度数が合わなくて使用できませんので、手術後1カ月を過ぎるころにはメガネを合わせます。このメガネは度数の問題等の作成上のトラブルを避けるためにレンズ販売所での作成をお願いします。

 眼内レンズの選択について


白内障手術の際に、生来の混濁した生来のレンズを除去しますので、手術中に代わりのレンズを目の中に入れる必要があります。濁ったレンズを取るだけではピントが全く合わないので、せっかく手術をしても見えるという状態にはなりません。眼内レンズを入れることによってピントが合うようになり、見えるようになります。しかし、眼内レンズは焦点の合う場所が一定の距離ですので、通常遠くの距離とすると、手元が見にくいですし、手元に焦点が合うようにすると今度は遠くが見にくくなります。いずれもメガネをかけることできちんと見えるようになります。生来のレンズは若い時にはこのピントを合わせる機能があります。話が脱線しますが、中年以降に手元が見にくくなる老眼はこのレンズのピントを合わせる力が徐々に衰え、最終的にはピントをあわせられなくなるために起こります。さて、近年この眼内レンズに遠くも近くもピントを合わせられる多焦点眼内レンズが登場しました。メリットは遠く、近くもメガネをかける機会を減らすことが可能となることです。では、デメリットは健康保険がきかないことがまずあげられます。その他、遠く、近くの両方に焦点を合わせる構造のために、コントラストと言って白黒の鮮明さが落ちたり、強い光源を見た場合にその光源の周りに光の輪が見えたりすることがデメリットとしてあげられます。その方の年齢、目の状態、職業等を考慮して多焦点眼内レンズを使用するメリットとデメリットを検討します。健康保険がききませんので、その点を考慮の上、ご希望の場合はご相談ください。

オルソケラトロジーとは

特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。


 [就寝前]
就寝前にレンズを装着



 
[睡眠中]
睡眠中に角膜が矯正される



 
[翌日]
朝起床時にレンズを外し⇒視力回復


いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。画期的な最新の近視矯正法として、現在世界的に注目を浴びています。

オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーは、アメリカで30年以上前から研究・施術され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と効果が認められ、実施されております。レーシック等の外科的手術と異なり、レンズの装用を中止すれば、角膜の形状は元に戻りますので、安心してお使いいただけます。また、日中装用のコンタクトレンズとくらべても、夜間の装用なので、ほこり等が目に入ったりせず、レンズを紛失する心配も減るなど、安全・快適にお使いいただくことが出来、リスクは一般のコンタクトレンズと同等またはそれ以下となります。

※当院で使用しますオルソケラトロジー用レンズ:マイエメラルド(Emerald™)は、米国FDA・ヨーロッパCEマーク認可の長年世界各国で使用実績のあるレンズになり、日本国内でも厚生労働省に認可されております

オルソケラトロジーのメリット

●メガネやコンタクトレンズが煩わしい方へ
職業上メガネの使用が難しかったり、「時間がたつとゴロゴロする」「夕方になると充血しがち」等、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方へ。
 
●裸眼でスポーツを楽しみたい方へ
野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバーダイビング等の水中のスポーツをされる方へ、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。
 
●外科的手術のレーシック等に抵抗がある方へ
「手術なのでやはりこわい」「術後の感染症などが不安」という方へ。オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。
 
●近視進行の抑制効果があります
オルソケラトロジーを継続すると、近視の進行が抑制されます。特に仮性近視の方や、角膜が柔らかい若年層の方に効果があります。
 
●取り扱いは簡単
レンズの取り扱いは一般のハードコンタクトレンズと同様です。
また、夜間装用なので、日中装用のようにホコリやゴミなどが目に入ることもなく
目への負担やレンズを破損・紛失するリスクも少なくなります。

オルソケラトロジーの危険性(合併症)

  1. 角膜感染症
    オルソケラトロジー治療で使用するコンタクトレンズは酸素透過性のハードコンタクトレンズです。コンタクトレンズの洗浄を十分に行われていない場合や、レンズケースの清潔が保たれていない場合、角膜感染症を起こすことがあります。なかでも、緑膿菌やアカントアメーバーによる感染では、治療に抵抗することが多く、また視力低下や重篤な場合失明にもつながることがあります。充血や異物感、痛みは危険信号です、症状が出た場合はレンズの装着は中止して、早急に診察を受けてください。この角膜感染症は通常のハードコンタクトレンズでも起こり、オルソケラトロジーのレンズに特有のものではありません。しかし、オルソケラトロジーのレンズは通常のレンズとはその形状が異なるため、洗浄が不十分になりやすいです。コンタクトをはずすのは、朝の忙しい時間ではありますが、きちんと洗浄する習慣をつけてください。レンズケースはコンタクトをはめた際に流水で洗浄し、就寝中は乾燥させるようにしてください。さらに、3ヶ月ごとにケースを新しいものに交換してください。
  2. 角膜低酸素
    オルソケラトロジーで使用するコンタクトレンズは酸素透過性の非常に高いレンズです。しかし、夜間就寝中の装用では、瞬きがないことから涙液交換がなされません。そのために角膜への酸素供給が少なくなることがあります。装用時間は6時間以上9時間未満を推奨しており、それ以上の装用は角膜の酸素不足による角膜障害をきたすことがありますのでしないで下さい。
  3. 角膜内皮障害
    角膜の裏面には、角膜内皮細胞という細胞があります。この細胞は一度障害を受けると脱落して、再生しないため、減少します。オルソケラトロジー治療の短期成績では、この角膜内皮細胞の減少は認められていません。しかし、通常のハードコンタクトレンズの長期装用で、角膜内皮細胞が減少することが報告されていますので、注意が必要です。当クリニックでは角膜内皮細胞も定期的に検査いたします。

治療スケジュール

1. 初診のご予約

初診は、インターネット(www.ibaraki-eye.com)またはお電話(028-647-4936 )にてご予約が取れます。直接来院でもかまいません。
        ↓

2. 一般眼科検査

近視、乱視以外に病気がないかを検査します。さらに、オルソケラトロジーが可能かどうか適応検査を受けます。可能であれば、検査結果をもとに、治療の概要について説明を行います。治療のスケジュールについても説明致します。疑問点につきましてはご遠慮なくお尋ねください。
        ↓

3. オルソケラトロジー外来予約

現在ハードコンタクトレンズをお使いの方は、1週間以上レンズの使用を中止していただく必要がございます。初診の際に治療のスケジュールをたてますので、そちらに従ってください。診療スケジュールをおまもりください。
        ↓

4. テスト装用

オルソケラトロジー適応と判断された場合は、院内で1時間前後、レンズを装用していただきます。その後、1週間のテスト装用治療を行います。
        ↓

5. 治療開始

オルソケラトロジーの効果を確認できたら、本治療を開始します。
        ↓

6. 定期検診

検診は、翌日(テスト装用レンズ)・1週間後(コンタクトレンズ本注文)・8日後(コンタクトレンズお渡し)・2週間後・1ヵ月後・3ヵ月後となり、以降3ヵ月ごとの検診となります。

費用

  1. 当院で使用するオルソケラトロジー用レンズは、厚生労働省に認可されております。したがって、患者様の眼に挿入することは国で認められています。しかし、健康保険では取り扱いがされておりませんので、このレンズを使用しての治療に関しては、自費での請求となります。
  2. 下記費用に関しては、市場価格の変動により治療費用が変更する場合があります。(平成26年4月1日現在)

    【初回】      両眼 172,800円(税込、治療開始より2年間の治療管理費用を含む)
             (片眼の場合129,600円 税込)
    【3年目以降継続】 両眼 108,000円(税込、治療開始より2年間の治療管理費用を含む)
             (片眼の場合64,800円 税込)

    治療開始時のコンタクトレンズ初回調整費に7,560円(税込)、1週間のテスト装用治療には預り金54,000円(税込)が別途必要です。1週間のテスト装用後、継続される場合は初回治療費からテスト装用治療預り金を差し引いた残額をお支払いいただきます。継続されない場合、コンタクトレンズを返却していただき、テスト装用預り金のうち21,600円(税込)をお支払いいただきます。預り金残額32,400円(税込)はご返金いたします。
    オルソケラトロジー用のコンタクトレンズはクリニックの所有物であるため、それを貸出しての治療となります。従って、破損や紛失の場合は治療再開費用として片眼43,200円(税込)が別途必要となります。
    ※ケア用品、コンタクトレンズケースは別途ご購入いただきます。
  3. オルソケラトロジー治療を受けるかどうかはあくまでも任意です。あなたの意志で決めてください。ただし、いったん治療を受けることへ同意され、コンタクトレンズを注文してからの撤回(中止)については、各個人に合わせたコンタクトレンズ作成となるため、いかなる理由であっても費用をお返しすることは出来ません。
  4. 治療中に眼球の状態によっては、医師の診断によりコンタクトレンズの装用を中止し、点眼等の薬剤投与が必要な場合があります。オルソケラトロジー治療が原因であるものは自費が、そうでないものは保険での診療費が別途必要になります。
  5. 10万円を越した費用は補助が得られます。医療費控除の対象になりますので、詳しくはこちらの国税庁による回答ページをご覧下さい。

よくあるご質問

Q1.すぐに視力は回復しますか?
若年層の方で、比較的近視がかるければ、1時間のレンズ装用で1.0以上に矯正できることもあります。年齢や近視の度合い等個人差によりますが、適応範囲の方では、ほとんどの方が1週間前後で十分な視力を得られます。
Q2.レンズの扱いは難しくないですか?
多少注意を要しますが、基本的な扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。
Q3.レンズの装用は痛くないですか?
通常のコンタクトレンズ同様、レンズに慣れるまでは装用感が気になることがあります。痛みや違和感が続く場合は、ご相談ください。
Q4.オルソケラトロジー治療はどんな人に向いていますか?
スポーツをされている方、コンタクトレンズや眼鏡の装用が煩わしい方、職務上、または、資格取得のために裸眼視力が必要な方に適しています。
Q5.オルソケラトロジー治療に向かない人はどんな人ですか?
強度の近視・乱視の方や、他の眼疾患のある方には適応できない場合がございます。いずれも適応検査の結果をもとに医師が判断いたします。